HOMEマガジンフィリピン > フィリピンの食文化~この「3つ」をおさえておこう!~

フィリピンの食文化~この「3つ」をおさえておこう!~

フィリピンの食文化~この「3つ」をおさえておこう!~

 

 

 

 

 

あなたの「欲」で一番大切なのは??

 

食べるのが大好きなわたくしは断然「食欲」です!

 

日本にはおいしいものが本当にたくさんありますよね。

わたくしは、北海道出身のもので、野菜に魚介にスウィーツにお肉に乳製品にと。。。

とにかくおいしいものだらけで、北海道に生まれたことが罪と思ってしまうほどです(笑)

こんなこと書いているとお腹が減ってしまいます。

 

毎日人間が欠かさずしている「食事」

フィリピンではどのような「食事」をしているのでしょう。

 

 

今回は、フィリピンでの食文化や有名なファストフード店について紹介したいと思います。

 

フィリピンの食文化~この「3つ」をおさえておこう!~

 

 

 

1 日本人と一緒!〇〇大好き!

 

 

そうです、日本人と一緒で納豆が大好き!

ではさすがにありません(笑)

 

日本人と一緒で「米」が大好き!なフィリピン人です。

パンも食べますが、基本的に三食米を食べます。

お昼にわたくしがパンを食べていたら、

「パンだけ?米は食べないの!?」

と言われてしまうほどです。

 

フィリピンにもたくさんの「ごはんと合うおかず」があります。

本当に米が大好きなフィリピン人に合わせてか、

おかずは結構しょっぱめです。

日本も佃煮や漬物、梅干しのように、

ごはんがすすむおかずがありますよね。

 

フィリピンの場合は、煮物や汁物も全て

基本的に塩分多めでごはんと良く合います。

 

実はこれには理由があります。

それは、年中蒸し暑い気候だからです。

ん?

どういうこと?

暑い中行動するのにはエネルギーが必要なので、

塩分が多くても問題ないのです。

理にかなっていますよね。

 

マンゴーやバナナなどの甘いフルーツが

たくさんあるのもその理由です。

また、飲み物や甘いものは、とことん甘いです。

どうやら暑い国ではこのように

「甘いものはとことん甘く、しょっぱいものはとことんしょっぱい。」

そんな食べ物が多いようです。

 

なんにでも理由があるものですね。

 

 

 

2 カレンデリア!

 

 

アジアでの食事と言ったら屋台!!

香港では外食文化が強く、朝も屋台に食べにいくという文化!!

さてさてフィリピンは??

 

フィリピンでは、「カレンデリア」と

呼ばれている安食堂や屋台やがたくさんあります。

そこですと、約50~100ペソ(約100円から220円ぐらい)で

一食お腹いっぱい食べることができます!!

 

ローカルの雰囲気を味わいたい方は是非挑戦してみましょう!

ただし、衛生面が気になる人やお腹が弱い人にはオススメしません。

それでも挑戦してみたい方は、出来立てのものや揚げ物を選ぶと安心です。

 

カレンデリアのイメージとしては、

学食のような感じで好きなものを選んでからお会計を済まします。

もちろんテイクアウトも可能です。

 

町中のいたるところにこの「カレンデリア」があります。

フィリピン人の友達を作ってから、

オススメの場所にいくと安心ですね!

 

 

 

 

3 伝説のファストフード

 

 

フィリピンに行ったことのある人なら誰もが知っているファストフード店。

それは「ジョリビー」!!

みんな大好きジョリビーです。

 

大げさではないのでもう一度言います。

 

みんな大好きジョリビーです!

というのも、他の大手ファストフード店に比べると、

店舗数の多さが半端ないです。

 

 

そんなジョリビーの特徴は

・パスタのメニューがある

・ライスのメニューがある(フィリピンでは他のファストフード店にもあります。)

・もちろんみんな大好きチキンもある

・他の店舗よりも若干安い

 

つまりですね、

バーガーとチキンとライスとパスタが同時に食べられる

という夢のファストフード店なのです!

サンデーやホットパイなどのデザートも充実しています。

ファストフード店に行くときは、

カロリーは気にしてはいけないということでもありますね(笑)

 

 

メニューが豊富ですので、

是非フィリピンに行った際には行ってみましょう!

 

何やら日本にも進出するという噂です。

 

 

 

いかがでしたか?

フィリピンに行ったことがない人は、行ってみたいと思った方もいるかもしれません。

行ったことがある人は懐かしく思ったことでしょう。

 

以上

フィリピンの食文化~この「3つ」をおさえておこう!~

でした!

最新記事

カテゴリー