HOMEマガジンフィリピン > これぞフィリピンのクリスマス!5つの特徴!

これぞフィリピンのクリスマス!5つの特徴!

これぞフィリピンのクリスマス!5つの特徴

 

 

 

さて、今年ももうすぐ終わりが近づいてきました。

年末は寒さが強くなり、クリスマスに大掃除、

大晦日と忙しい時期です。

 

みなさんにとってのクリスマスとは

どういうものでしょうか??

 

サンタさんからプレゼントがもらえる。

フライドチキンやお寿司などのご馳走を食べる。

友達や恋人とパーティーやプレゼント交換をして楽しむ。

 

宗教や家庭によってはそれぞれだと思いますが、

日本ではこのような感じでしょうか?

 

今回はフィリピンのクリスマスについて

お話したいと思います。

 

 

では

これぞフィリピンのクリスマス!5つの特徴!

です。

 

 

1 フィリピンのクリスマス

 

フィリピンのクリスマスは盛大です。

なぜなら多くの人々がキリスト教徒だからです。

8割以上もの人がです。

キリストの生誕を祝う大きな行事なのです。

 

他の国も同じような国があるかと思います。

しかし、宗教によってはクリスマスを

祝わないこともあるので注意してください。

比較的宗教の面でもオープンな

フィリピンと言われていますが、

基本的に宗教のことを詳しく聞くことは

タブーとされています。

 

 

2 クリスマスでは〇〇の丸焼きを食べる!!

 

フィリピンの有名な食べ物として、

レチョンという食べ物があります。

これはなんと豚の丸焼きのことなんです。

 

クリスマスは、盛大に祝うので

もちろんこのレチョンは必要不可欠な訳なのです。

クリスマスに限らず、

誕生日やパーティーなどでもよく食べられます。

 

このレチョンの他には、

フィリピン人が大好きなスパゲッティとケーキも欠かせません。

また、チキンも大好きです。

 

 

3 どう過ごす??

 

基本的に24日のクリスマスイブは

家族と過ごします。

家族と離れていて仕方がない場合は、

友人と過ごす場合もあります。

 

しかし、基本的には家族と盛大に祝うものなのです。

遠く離れている家族、出稼ぎをしている家族、

そんな家族が集まって絆を深める大切なものなのです。

 

 

24日の夜はとにかく街中が賑やかです。

年中暑い国なので、

夕食時間は外で近所の人や親せきと盛大に行います。

 

夜23時を過ぎると色々な所で花火があがりはじめます。

まるで大晦日のようにカウントダウンをし、

24時を回ると花火が再度あるだけではなく、

とにかく音を出します。

音だけの花火のようなものやラッパのような音など

とにかくお祭り騒ぎです。

 

これだけクリスマスが年に

一回の大行事というわけなのです。

 

 

4 会社でクリスマスパーティーは当たり前!!

 

会社が主催して毎年12月に行われます。

フィリピンで働くフィリピン人に

とってはベネフィットの一つです。

 

日本の忘年会と似たものもありますが、

フィリピンでは会社がクリスマス会の

費用を負担するものなので、

社員が実費負担することはありません。

 

ビュッフェ式の料理を楽しみながら、

社員はダンスや歌を披露します。

ビンゴやくじ引きで景品があたったり、

その年や下半期の業績などの表彰式も行われたりします。

そして白や黒のドレスコードがあったりもして、

ドレスを着てメイクばっちりで楽しみます。

 

 

5 プレゼント交換

 

フィリピンではプレゼントを贈ることも

大切なクリスマスのイベントの一つです。

友人や会社のパーティーでは

日本と同様に「プレゼント交換」をすることもあります。

 

では家族や親せきのプレゼントの

やりとりはどうでしょう??

面白いのは子どもだけではなく、

お父さんお母さんにおじいちゃんおばあちゃんも

贈り合うのがフィリピン。

それぞれが、それぞれに用意したプレゼントを

クリスマスツリーの下に置きます。

 

24日や25日の朝に開けます。

子どもだけではなく、

みんながプレゼントをもらって

喜び合うって素敵ですよね。

 

ちなみに日本のように、

サンタクロースからもらうという習慣はありません。

 

 

 

 

いかがでしたか?

5つの項目に分けてフィリピンの

クリスマスの特徴を紹介しました。

 

今回はフィリピンのクリスマスに特化してみましたが、

基本的に欧米やヨーロッパの

クリスマスに似ている部分もあります。

多くは宗教が反映しているかと思います。

 

他国の文化を知ることは、

同時に自国との違いを知ることなので、

日本の文化を再認識することもできます。

それぞれの違いがあって面白いものだと思います。

 

みなさんがそれぞれに合った行事を楽しめますように。

 

以上

これぞフィリピンのクリスマス!5つの特徴!

でした。

最新記事

カテゴリー