HOMEマガジンフィリピン > ストリートチルドレンに囲まれては時遅し~海外での5つの心得~

ストリートチルドレンに囲まれては時遅し~海外での5つの心得~

ストリートチルドレンに囲まれては時遅し~海外での5つの心得~

 

 

 

<Be careful yourself>

 

みなさん海外旅行は好きですか??

海外では、日本では考えられないことや

危険がたくさんありますよね。

日本にいても今や安心という訳ではありませんが。

 

ヨーロッパや欧米と違ってアジアは

比較的平和と言われていますが、

盗難やお金を奪われることもたくさんあります。

特に日本人は狙われやすいです。

日本人=お金持ちとして見られます。

 

皆さんを脅しているわけではありません。

海外旅行が大好きな私としては、

危険よりも得るものが多いと思います。

ですので、心構えと注意を払って海外旅行を楽しみましょう。

 

異国の文化に触れ、違う匂いを感じて、

刺激を受けて、日本の良いところと悪いところを知る。

素敵なことです。

 

そこで今回は、海外で安全に旅行するための心得を

5つシェアしたいと思います。

 

 

 

1 なくしたものは戻ってこない

 

 

日本で落し物をしたことありますか?

100%ではないけれども戻ってくることが多いですよね。

それは日本人の心情である、親切さのおかげでしょうか。

では、貧しい人がたくさんいたとしたらどうでしょうか?

食べるのに困る人が日本にたくさんいたら?

 

どの国にも豊かな人と貧しい人はいます。

その差ではなくて貧困層が多い国では、

先進国の外国人を狙う盗難が自然と多くなります。

 

あえてもう一度心得ましょう。

海外では「無くしたものは戻ってきません。」

盗られた物はもちろん、落し物ものも。

 

なくしたら困るものは

パスポート、クレジットカード、携帯電話、現金ですよね。

・パスポートとカード関係は、最低2枚ずつコピーを取っておきましょう。

・携帯電話については、予備のものを持っていると安心です。

・現金は、保管場所を複数の場所に分けるなど工夫しましょう。

 

 

 

2 メモ~日本大使館~

 

 

なんでも携帯やタブレット、パソコンなど

画面上でなんでも用が足りてしまう時代ですよね。

写真も電話帳も大事なパスワードも大体その中に入ってますよね。

 

もしそれが奪われたら?

想像したら大変ですよね。

 

大事な連絡先やパスワードは、

必ずメモして保管しておきましょう。

また、「日本大使館」の電話番号を押さえておきましょう。

緊急時は日本語が話せると安心です。

日常英会話を話せる人でも、

パニックになると英語が出てこなくなることがあります。

 

 

 

3 不用心を卒業

 

 

日本人は不用心ってよく言われます。

・カフェで携帯電話を充電したままトイレに行く。

・電車の中で、荷物を横に置いたまま居眠りする。

・家にいる間は玄関のカギを閉めない。

 

海外では危険です。

「ここは日本ではない。」と今一度胸に刻んでください。

そして、身の回りのもの、

貴重品から目を離さないことを忘れずに。

 

また、面倒と思うかもしれませんが、

要所要所で確認をする癖をつけることも大切です。

例えばレストランに行ったら、席に着いてまず確認、

トイレにいく前後に確認、レストランを出るときに確認。

これらを行うことで、

被害にあった場合より早く対応できます。

「レストランに入ったときはパスポートがあったから、

なくなったのはトイレに行ったときだ!」というように。

 

 

4 近づかない

 

貧困層が多いスラム街、

薬物中毒者やホームレスが多いエリア、

このような場所がありますよね。

興味本位で近づいてはダメです。

必ずガイドブックや外務省のホームページで、事前に調べましょう。

 

知らずにそのエリアに近づいてしまう場合もあるかもしれません。

そういうエリアの特徴として

・暗い

・道にごみが散乱

・家の門はしっかりしている

・野良犬や猫が多い

もし道に迷ってこのようなエリアに入ってしまった場合は、

人気の多くて明るい場所にすぐに戻りましょう。

 

 

 

5 想像できない手口を知る

 

 

スリの他にもひったくりや置き引きがあります。

タイやフィリピンで実際にあった話で、

カジノでの勝ち方を教えてあげるから

ちょっと家に来ないかと誘って騙されるという手口があります。

 

他にも

・泣きながらカタコトの日本語で、

日本語を話せる人を探していると言って近づいてくる

・ATMでお金を引き出した直後、

ストリートチルドレン10人ぐらいに囲まれて、

身動きが取れなくなってかばんを盗られる。

など色々な手口があります。

 

これらを事前に調べておくだけで、

防げる確率がぐーんと上がります。

自分の行く国のよくある犯罪をネットで調べてみましょう。

日本では聞いたことない手口の犯罪があるかもしれません。

 

 

<Have a safe trip>

 

用心用心と心していると、

人を常に疑わないといけないので嫌になることもあります。

運が悪くて被害に逢うことがほとんどでしょう。

せっかく海外に旅行しに来ているのに台無しになってしまいます。

でも、良い人にも必ず巡り逢います。

観光地や賑わっているから少し離れると尚更。

 

今回お話したことを気を付けることで、

海外旅行がより安全で楽しいものになることを願っています。

自分の身は自分で守りながら、海外旅行を楽しんでください。

最新記事

カテゴリー