HOMEマガジン日常英会話 > 子どもでもオンライン英会話!!

子どもでもオンライン英会話!!

子どもでもオンライン英会話!!

 

 

 

<誰に人気のオンライン英会話>

 

オンライン英会話って学生や大人が

英会話学習しているイメージがありませんか?

実際自分自身のイメージがそうでした。

 

・留学の前に

・TOEIC対策

・留学後のブラッシュアップ

・海外旅行で困らないように

 

このようにオンライン英会話をしている

「学生や大人」たくさんいます。

 

実は「幼児期の子どもや小学生」もオンライン英会話を

受けている人が増えてきています。

 

最近は

「日本の英語教育は意味がない。」

「英語の読み書きはできる日本人。」

「不十分な日本の英語教育。」

「世界的に見て、日本人は英語がしゃべれない。」

 

英語教育の早期化が進むものの、

「日本人の英語力」という部分に焦点を充てると

このような問題点や疑問が出てきます。

 

ですので、

「自分の子どもには、どう英語教育をさせたらいいだろうか。」

と個別に考えている親御さんも多いと聞きます。

公的な教育機関に頼らずにどうしたら良いか。

 

 

<なぜ、英語は幼児期からか>

 

「英語は幼児期から」

多くの人がそんなことを聞いたことがあるかと思います。

なぜ?

 

まず仮に、

「英会話はスポーツ」ということを一度頭に入れてみましょう。

そして、

「英文法の読み書きは、国語のような教科。」

というように区別してみてください。

また、「自転車の練習や泳ぎ方を幼児期に習得する感じ。」

そのことも頭にいれてみてください。

 

当たり前ですが、

自転車の練習や泳ぎ方を習うときに

教科書は使いません。

机に向かいません。

 

なんとなく

「英語は幼児期から」の答えが出てきたかと思います。

 

<幼児期のまねをする力>

 

実は、幼児期の2歳から5歳までは

「まねをする力」がもっとも強いのです。

 

どうやって私たち日本人は、

日本語を話せるようになりましたか??

 

机に向かって単語や文法の学習をしましたか?

聴き取りができるようにとCDを聞きましたか?

読む力も必要だからと本を読み始めましたか?

もちろんそんなことしていませんよね。

 

お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、

兄弟や周りの人たちにたくさん話しかけられて、

それを必死に、かつ無意識に

たくさん「まね」をしてきました。

だから今、日本語を話すことができています。

 

<幼児期の聞き取る力>

 

さらに、

「日本人は聴き取る力が弱い」とも言われています。

個人的な留学経験から言いますと、

韓国人やメキシコ人、ブラジル人の人々は、

日本人よりきれいな英語を発音できるのが早いと思います。

 

ん?

「発音」と「聴き取り」は全く別なのでは?

そんなことはありません。

自分が知っている音、つまり習得している音は、

自分の口から発することができるからです。

韓国語、スペイン語、ポルトガル語、これらの言語は、

日本語より多くの音を持っています。

日本語は音が少ないのです。

ですから逆に、日本語を習っている外国人は、

聴き取りは簡単で、発音も同時に簡単ということになります。

もちろん全ての外国人という訳ではありませんが。

 

つまり、日本語だけを聞いて育つと、

他の言語、英語特有の濁ったような音を聴き取れないのです。

日本人が苦手な「R」や「TH」がそうですよね。

この音は、日本語にないからです。

でも他の国の言語には同じ、もしくは似ている音があるのです。

 

これらのことから

「英語は幼児期から」

といわれているんですね。

 

<幼児期のうちからオンライン英会話>

 

e英会話では、全15コースの中に、

「子ども英会話コース」があります。

・初めて英会話に触れる子ども向けのコース

・子ども英会話専用のオリジナルテキスト

・レベルは、スタートレベル、レベル1、レベル2の三段階

・実際に幼児や小学生の指導経験のある先生が担当

・慣れるように絵の描かれたテキストを使用

・無料でテキストのダウンロード可能

・1コマ30分なので集中しやすい

 

「子ども英会話コース」も、

もちろん無料体験レッスン可能です。

・幼児期から英会話を習いさせたいと思っていた。

・近くに中々子ども向けのスクールがない。

・子どもが英語に興味を持つきっかけを持たせたい。

・親子留学だと費用が高い。

 

是非一度試してみてはと思います^^

最新記事

カテゴリー