HOMEマガジン英語学習 > 英語での簡単な年末年始のあいさつ

英語での簡単な年末年始のあいさつ

英語での簡単な年末年始のあいさつ

 

忙しい12月はあっという間に終わり、

また新たな年を迎えました。

12月までは一年が長く感じることがあるのに

不思議なことに12月を迎えると足早に過ぎていきますよね。

 

そんな12月1月の年末と年始のあいさつ。

元気であいさつをしたいですよね。

 

日本では年明け前に「明けましておめでとう」とは言いませんが、

海外では年明け前から「Happy New Year」

という所が多いのも最初驚きました。

 

 

英語だとどのような表現があるのでしょうか。

「Merry Christmas!」と「Happy New Year!」

しか知らないという方も大丈夫です。

 

ここで一緒に確認してみましょう!

 

では

英語での簡単な年末年始のあいさつ

です!

 

 

・Happy holidays!

一番簡単な年末のあいさつです。

「Merry Christmas」とは違って宗教を問わず使えます。

また、当たり前ですが、

「Merry Christmas」はクリスマス後に使えません。

 

これらの理由から近年では欧米を始めとして、

レストランなどでは「Merry Christmas」を使わずに

「Happy Holidays」とお客さんに言うようにしているそうです。

 

 

Have a great new year! 素敵な新年を!

 

年末が近づいてくると一番しっくりする言葉です。

「great」の代わりに「happy」でも大丈夫です。

 

Have a great New Year’s!

良い年越しを!

→New Year’s Eve and New Year’s Day

「Have a great year」と大きく意味は変わりませんが、

いつのことを言っているのかより具体的な表現です。

 

「大晦日と元旦を楽しく過ごしてね」ということになります。

誰に言っても良い表現ですが、

年末年始も働いている人や

年明けてからすぐにその人と会うときなどに使えます。

 

 

Have a great rest of the year! 残りの今年も素敵に過ごしてね

こちらの言い回しはあまり聞いたことがありませんが、

「残りの数日も」という感じで

「残り」を強調したい場合に使える表現です。

 

 

Enjoy the rest of your(the) year! 今年の残りを楽しんで!

こちらは「Enjoy the rest of ~」の定番の形で、

さきほどと同じで「残りの~を楽しんで」という表現です。

 

「your trip」「your time here」などなど

年末に限らず色々なシーンで使えます。

 

 

Enjoy your holidays休暇楽しんでください!

休暇でその期間会えない人に

とても使える簡単な表現です。

個人的にもよく使っています。

 

 

<その他>

Best wishes for the new year!

良いお年を

 

I wish you a happy new year.

新しい年も良い一年になりますように。

 

I wish you all the best for this year.

すべてがうまくいきますように。

 

I hope you all have a wonderful year.

みなさんが素晴らしい一年を過ごせますように。

 

May your dreams come true in this new year.

今年はあなたの夢が実現しますように。

 

いかがでしたか??

 

「Happy Holidays!」のことは自分知りませんでした。

海外で使ってみると、おー良く知っているねー!

と驚かれるかもしれませんね。

ネイティブの人にどんどん使ってみましょう。

 

今回は英語での簡単な年末年始のあいさつを紹介しました。

 

この他にもたくさんの言い回しや表現があります。

自分の言いやすい言葉が見つかりますように。

 

以上

英語での簡単な年末年始のあいさつ

でした。

 

最新記事

カテゴリー