HOMEマガジン英語学習 > 通じないカタカナ英語!勝手にランキング!

通じないカタカナ英語!勝手にランキング!

通じないカタカナ英語!勝手にランキング!

 

 

 

 

 

英語を勉強していると色々な壁にぶちあたります。

 

会話するときにいちいち正確な英語考えている暇なんかない!

 

そして出てくるのは、もともと頭の中に標準装備されている「カタカナ」!

 

I’ve worked as a サラリーマン.

Say whatttt?

 

あっこれカタカナ英語やった!

 

なんて話よくあること。

 

初級者の方も上級者の方も

今一度ここでおさらいしませんか??

 

通じないカタカナ英語はたくさんありますよね。

 

上級者の方でもふとしたときに

出てこないことがあるかもしれません。

 

では

通じないカタカナ英語!勝手にランキング!

です。

 

 

1 サラリーマン→Office worker, company employee

 

サラリーマンは和製英語と分かっていても

ふとしたときになんて言うか

わからなくなることありますよね。

というのも、

英語では「私はサラリーマンです。」

という言い方をしないのです。

なぜなら、具体的な職業名を言うからです。

抽象的に伝えたりしたいときには、

「office worker」と言ってもいいかもしれません。

 

 

2 ベビーカー→stroller

 

こちらの「ベビーカー」。

経験はありませんが、

ベビーカーでも通じそうな気もします。

 

 

3 ハイタッチ→high five

 

「ハイタッチ」で合ってそうなカタカナの一つですが、

実は違います。

「Give me a high five」という言葉を

聞いたことがあるかと思います。

ハイタッチしてほしいときに使ってみましょう。

 

 

4 トイレ→restroom, bathroom, washroom, comfort room(CR)

 

こちらはみなさん知っている

通じないカタカナ英語の代表格ですよね。

トイレ自体は「toilet」なので、

便器そのものをさすからです。

日本でも遠回しに「お手洗い」とも言いますよね。

また、「化粧室」と書いてあったりします。

上記のように国よって

一般的な呼び方があってさまざまです。

 

 

5 ホッチキス→stapler

 

ホッチキスはもともと発明者の名前だそうです。

発明者の名前のものがたくさんあるのに

こちらの名前が広まらなくて残念です(笑)

 

 

6 アルバイト→part time job

 

アルバイトは、実はドイツ語から来ているそうです。

「パートタイム」という言葉は

日本でもあるので、聞き慣れていますよね。

日本ではアルバイトはお小遣いを

稼ぐために若者が行うものというように

使われる言葉かと思います。

しかし、英語ではそれに

あたる言葉がないとも言えます。

 

 

7 ガソリンスタンド→Gas station

 

こちらは一見通じそうな気もすますよね。

「gas」はご存知「gasoline」の略ですが、

省力して問題はありません。

 

 

 

8 コンセント→outlet

 

なぜ日本でコンセントと言うように

なったのかは分かりませんが、

「consent」はagreeと同様に

「同意する」という意味になります。

「outlet」は、出口という意味もあります。

 

 

9 アイスキャンディー→ice pop, ice frozen, popsicle

 

アイスは「ice」から来ているので、

ただの氷となってしまいますので、

注意してください。

アメリカで定番表現の「popsicle」は、

少し発音が難しいので繰り返し練習しましょう。

ちなみに「ソフトクリーム」は、

「soft serve」になります。

 

 

 

いかがでしたか??

もっとたくさんありますが、

個人的によくあるものとして

ピックアップしてみました。

 

カタカナは、

日本語特有のものだと改めて認識できますね。

 

カタカナを英語っぽい発音で話すと

通じないかもしれませんが、

文化の違いとして話題になったり、

笑いが起きたりするかもしれません。

 

以上

通じないカタカナ英語!勝手にランキング!

でした。

最新記事

カテゴリー