HOMEマガジン英語学習 > 英語で5つの「危険」の表現!

英語で5つの「危険」の表現!

英語で5つの「危険」の表現!

 

 

 

英語で危険と言ったら何を思い浮かべますか?

 

 

ほとんどの人が

 

「danger!」

と答えるかと思います。

 

 

でも「危険」と一言で言っても、

状況に応じて色々な表現があります。

 

困ったらdangerで表現!

でなんとかなる場合もありますが、

もう少し語彙を広げてみましょう。

 

今回はその色々な「危険」について

みなさんとシェアしたいと思います。

 

色々な表現がありますが、

今回は是非押さえたい「5つ」に

絞りました。

 

それでは、

英語で5つの「危険」の表現!

です。

 

 

 

 

 

1 danger

 

カタカナ英語でもあるぐらいですから、

危険と言えばやはりこの単語「danger」かと

思います。

 

知名度のとおり、「危険な・危ない」を表す一般的な

単語がこのdanger(名詞)や dangerous(形容詞)

となります。

大きな危険から、小さな危険まで幅広く使える表現のため、

これらの単語がもっとも一般的なのでしょう。

 

例文

 

Smoking is a danger to our health.

喫煙は私たちの健康にとって危険なものです。

 

Dangerous driving is going to be punished.

危険な運転は罰せられます。

 

 

2 risk

 

こちらも聞いたことがありますよね。

 

リスクはrisk(動詞と名詞)とrisky(形容詞)

となります。

形容詞のriskyがよく使われるかと思います。

 

なんとなく使い方やニュアンスが

分かっているかと思いますが、

自分で避けることができる危険をさすのが、

riskやriskyになります。

 

 

例文

You have to take risks for it.

そのためにリスクを取らなければならない。

 

He got a risky operation.

彼はリスクのある手術を受けた。

 

 

 

3 unsafe

 

こちらは使えやすく覚えやすい表現に

なるかと思います。

 

このunsafe(形容詞)は safeの反対なので、

「安全ではない、危険な」という意味になります。

dangerousの代用として使用できます。

 

 

例文

 

She feels unsafe walking alone here.

彼女は一人で歩くのが安全ではないと感じる。

 

Tap water is unsafe to drink in Philippines.

フィリピンでは、水道水を飲むのは安全ではありません。

 

 

 

4 critical

 

こちらのcritical(形容詞)は、

テレビゲームなどで聞いたことが

ある人もいるかもしれません。

 

死に至る可能性がある場合の危篤業態をさすときなどに

使います。

 

例文

 

He suffered critical injury when he got a car accident.

車の事故にあったとき、彼は重傷でした。

 

Will they be in critical condition?

彼らは危篤状態になるだろう。

 

 

 

5 harmful

 

 

こちらはおそらくカタカナ英語にはない言葉なので、

なかなか覚えにくい言葉かもしれません。

 

ただし、他の語彙と大きなニュアンスのちがいがあります。

 

それはこのharmfulには

「有害、悪い」という意味があります。

 

 

例文

 

Microwaves are harmful to our bodies.

電子レンジはわたしたちの体に悪いです。

 

Eating sweets too much is harmful.

甘いものの食べすぎは危険です。

 

 

 

いかがでしたか?

 

冒頭でもお伝えしましたが、

簡単で使いやすい5つの危険を

紹介しました。

 

知っているものや聞いたことがあるものの

方が多かったかもしれませんね。

 

発音がカタカナ英語とは異なってくるので、

各自でしっかり練習しましょう。

 

 

それでは以上、

英語で5つの「危険」の表現!

でした。

最新記事

カテゴリー