HOMEマガジン英語学習 > トイレ英語??をマスターしよう!

トイレ英語??をマスターしよう!

トイレ英語??をマスターしよう!

 

 

海外に行ったら英語が話せる人も

話せない人も

トイレでの英語は押さえておきたいですね。

 

「国によってトイレの言い方が違うはず・・・」

「ノックされたけど何も返事できなかった。」

 

海外旅行では

避けては通れない道かと思います。

 

世界を旅している人はこう言います。

「水の買い方とトイレの尋ね方を

知っていればなんとなかなる。」

 

 

この機会にトイレ英語?を

マスターしてみませんか??

 

それでは

トイレ英語??をマスターしよう!

です!

 

 

1 色々なトイレの言い方

 

同じ英語でも国によってトイレの言い方が

違うのはみなさんご存知のはず。

 

今ここで押さえておきましょう。

 

<Restroom>

アメリカで公共のトイレを指します。

レストランや空港など公共の場にある

トイレはこれでオッケーです。

 

<Washroom>

アメリカのお隣の国カナダでは、

このwashroomを使います。

 

 

<Lavatory>

こちらはイギリスでよく使われます。

上記と同様、公共の場でのトイレになります。

飛行機ではこのように表現されています。

 

また、きれいな英語を使うイギリスなだけあって、

トイレのことを指す、丁寧な言葉としても

捉えられています。

 

<Bathroom>

こちらはアメリカで、家庭にあるトイレを

さします。

トイレとbathroomが一緒だから

自然な表現になりますね。

 

 

・「toilet」は?

知っている方も多いかと思いますが、

Toiletは基本的に「便器」そのものを

指します。

しかし、オーストラリアやニュージーランドでは

よく使われているらしいです。

 

 

・日本人がよく間違うフレーズ

 

日本では人の家にお邪魔したとき、

「トイレ借りてもいいですか?」

と尋ねますよね。

 

英語では借りるという表現ではなく、

 

Can I use the bathroom?

 

と、使ってもいいですか?という

聞き方になりますので、

注意しましょう。

 

・WCは?

 

WCは「water closet」のことです。

今はほとんど使われていない言葉です。

 

 

2 Is there anyone in here?

 

「誰か入っている?」

「えーっと・・・。」

さあ実践になりますよ。

 

単に「誰か入っていますか?」という

聞き方もいくつかあります。

 

 

<誰か入っていますか?>

 

Is there anyone in here?

Is this restroom occupied?

Is anybody there?

Is anyone using the restroom?

 

これらが代表的な表現です。

はじめにExcue meや Helloを忘れずに。

 

 

 

<入ってまーす。>

 

では「入っています。」の

答え方はどうでしょう?

 

 

Someone’s in here.か I’m in here.

→日本でもおなじみの表現がこちらです。

Someone is in here.は

少し不自然に感じるかもしれませんが、

公共のトイレで知らない人に尋ねられたときに

使うのが自然です。

 

 

It’s occupied.

→そのまま今使用中です、という表現ですね。

 

 

Almost finished.

I’ll be out in a second.

Out in a minute.

→これらの言葉は、

「もうすぐ出ます。」の表現です。

 

 

Knock back

→恥ずかしいときは、

こちらのとおりノックで返事してもオッケーです。

 

 

返事の仕方は意外とたくさんありますよね、

ただし、単にyesと返事するだけで良いのです。

国や地域によって違うと思いますが、

意外とこちらのただyesと

返事するのが多いそうです。

 

 

いかがでしたか?

 

今回は、トイレに関する英語を

シェアしてみました。

 

 

英語でのトイレの言い方、

入っていますか、

入っています、の答え方、

これらについてまとめてみました。

 

中には、簡単な言い回しや方法も

シェアしたので、

是非使いやすい表現を身に付けて

海外で実践してみましょう!

 

 

 

 

 

トイレ英語??をマスターしよう!

でした!!

最新記事

カテゴリー