HOMEマガジン英語学習 > なぜ日本人は英語が話せないの??

なぜ日本人は英語が話せないの??

なぜ日本人は英語が話せないの??

 

 

 

<we can’t speak…but…>

 

よくわたしは英語で外国人に

このように言っていることに気付きました。

 

「わたしたち日本人は英語を話せない人が多いんだ。」

「でも、少しずつ日本の英語教育や意識が変わってきている。」

「だから話せる人が増えると思う。」

 

こう言いながらも本当かな?と思ってしまう。

話せる人が増えると「思う」、

ではなく話せる人が増えると「願う」。。。

 

留学したことのある人や大人になってから

英語を学習したことある人は、

「日本の英語教育」のことを考えたことがあるかと思います。

 

日本の英語教育について思うことを

今日はお話したいと思います。

 

 

 

<読み書きはできる日本人>

 

「読み書きはできる日本人。」

こんな言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

「読み書きはできる」というと少し大げさですが、

「話せないけど英語の基礎は知っている。」

という感じでしょうか。

国語、社会などの他の教科と同様に

机に向かって学ぶことが多いですよね。

文法が中心の英語教育。

 

というのも

教科書どおりに先生が進めなければいけない、

という背景も日本にはあります。

その教科書の内容も、

実用性がある英語なのかと問われたときには、

あまりそうではないものもあるのが事実です。

 

 

<とにかくしゃべる雰囲気>

 

文法はもちろん大切です。

文法が違うと相手に伝わらないことももちろんあります。

ただやはり、この文法というところを

重点的に学習しているがために、

「文法どおりに話さなければならない。」

という考えになってしまうのです。

 

さらに、相手のことを思いやる気持ちが強い

日本人は尚更、

「相手が困らないように、迷惑にならないように、

一回で分かるように文法どおりのきれいな英語を使わなきゃ。」

と考えてしまいます。

そして、それを考えすぎて全くしゃべれなかった、ということも。

 

「ミスをたくさんしていいからしゃべり倒そう!」

って教えができたらいいですよね。

「ミスしても英語を使って伝わればいいんだよ。」

ってぐらいラフになれるように、

学校の先生が声かけして、

そういう風潮になっていけばいいなと思います。

 

 

 

<文法よりも発音を>

 

相手に伝わる伝わらないの話だと、

「文法よりも発音が大事」ではないかと個人的に思います。

留学経験のある人や、英語がネイティブの人と

話したことがある人は分かると思います。

 

「発音が違うと本当に伝わらない。」

 

イントネーションというか、

メロディがちょっと違って伝わらないこともあります。

しかし、やはり基本的な発音を

しっかりできることが大切です。

日本語にはない

「th」や「r」の音を発音できるように。

楽器を演奏する前に、まずしっかり音を出せなきゃですよね。

 

是非是非、学校の授業で発音練習に

フォーカスできるようになってほしいなと思います。

 

 

<katakana>

 

小学校のうちに「カタカナと英語は別の言語なんだ」

とぼんやり思うことが大切だと思います。

「カタカナ英語」は日本独特の言葉、

文化なんだと知ること、

不思議だなーと思うこと。

 

「ビタミン」が通じなくて、

実は「バイタミン」という発音だった。

というよくある話。

スペルは「vitamin」です。

 

「バナナ」は「banana」からきています。

そんなことは分かっていますよね。

極端な話ですが、

英語で話していて「banana」と聞いたとき、

頭の中でも「banana」と

浮かべられるようになると良いということです。

 

そうなるためには、読み上げられた

文章や単語を書きとる「ディクテーション」

という学習方法があります。

こういう方法も学校で取り入れてほしいですね。

 

 

 

<変わり始める?日本の英語教育>

 

今から3年後の2020年からは、

英語の「小学校3年生からの必修化」が始まります。

内容がどうなっていくのかは

まだ誰にも分からない状態です。

 

ただ現段階の小学校5年生や

中学校の英語教育の状況から、

大きく変わることは見込めません。

また、「日本語をきれいにまず話せないと。」

「子どもが学びたいと思ってからでも。」

と英語の早期教育化を反対する人もいます。

 

教育機関が変わるのは難しくても、

子どものためにお父さんお母さんの

意識を変えることはできます。

関心がない方もたくさんいると思います。

しかし、幼児期から、早ければ早いほど

英語学習の効果は変わってきます。

 

親子で英語学習にチェレンジするのもよいですよ。

 

今回は、この記事で「日本の英語教育」を

考えるきっかけになってくれればうれしいです。

 

最新記事

カテゴリー