HOMEマガジン英語学習 > 英語を勉強って堅い言葉を換えよう!!~e英会話で文化の違いを知る~

英語を勉強って堅い言葉を換えよう!!~e英会話で文化の違いを知る~

英語を勉強って堅い言葉を換えよう!!~e英会話で文化の違いを知る~

 

<勉強の意味>

 

「英語を勉強」

響きが堅い。

なんか堅い言葉ですよね。

 

「勉強は好きですか?」

「しっかり勉強しなさい。」

というよくある質問。

よく親戚や家族にこんな質問をされたことを思い出します。

ちょっと今ではナンセンスな質問だと思います。

その問いかけによって「勉強」という言葉を

マイナスにしている気もします。

 

「勉強」って

「無理にでも努力して励むもの。」

とか、

昔は「気が進まないこと仕方なくする。」

という意味でした。

いずれにせよ、「勉強」って言葉に、

良いイメージはない気がします。

 

実は勉強の意味として

「再発見」というように、

「新しいことを知る。」と捉えようという考えがあります。

僕はこの考え方が大好きです。

「当たり前の日常」の裏側や真実を知ることって、

実は簡単なことじゃないのです。

 

だから学校という場所で、

無償でそれを知ることができるぼくたちは幸せだと思います。

勉強という意味の本質を知ること、

考え方をちょっと変えること、

それで見える景色が変わってきます。

 

「勉強」=「辛いもの」「机に向かうこと」「嫌なこと」

ではなく、

「勉強」=「再発見」「物事の事実を知ること」「成長」

というように

「勉強」=「〇〇」

〇〇のなかに、入れる言葉を自分で探してみましょう。

 

<じゃあ英語の勉強は?>

 

「英語の勉強」

この言葉を

「英会話を通じて文化を知る」

という風に置き換えたらどうでしょう??

 

そもそも言語というのは相手を知るためのツール。

英語を使えたら相手のことをもっと知れる。

 

人は人と共感したり、

伝えあうことで喜びを感じます。

何か新しいことを発見したとき、

人は人に伝えたくなりますよね。

相手に驚いてほしいから、気持ちを共感してほしいから。

人間はきっと「オギャー」と産まれたときから

その本能があるんだと思います。

 

正直、この記事を書いていて、

自分自身のやる気が湧いてきました。

自分も一英語学習者だからです。

 

自分自身の英語の学習を始めたきっかけは、

「英会話を通じて文化を知る」

ではありませんでした。

 

ただ、今振り返ると、

いろんな国の人と出会って、

自分の知らなかったいろいろな新しいことを知れた。

 

英語を通じて。

 

自分自身の英語力はさておき、

それは英語を話せるようになったからできたこと。

数年前の自分にはできなかったこと。

今振り返ると、英語を勉強し始めて

それが一番良かったことかなと思います。

 

<納豆のことを英語で説明できるかな?>

 

e英会話の先生は、ほとんどの先生がフィリピン人です。

フィリピンのことを知っていますか??

・ジプニーという乗り物があること。

・日本食も食べられること。

・日本人と一緒で米が大好きなこと。

 

そして、日本のことを知っていますか??

・なぜ地震がよく起きるのか。

・大統領ではなく、総理大臣が政治を行うこと。

・納豆ってどんな食べ物?

 

お互い知らないことがあって当然です。

だって「国」が違うから。

このように日本の「当たり前のこと」を

再確認するきっかけにもなりますよね。

 

あれっそもそも総理大臣って英語でなんて言うんだっけ?

「prime minister」です。

 

日本のことを教えてあげようと思って覚えた単語は忘れません。

それを言葉で繰り返せば、繰り返すほど。

 

<島国、日本で産まれたからこそ>

 

日本で産まれ育つと、日本の文化で育ちます。

日本のことしか知りません。

中々外国人と触れ合う機会がありません。

他の国の文化を知る機会がありません。

国境が陸の上ではなく、海の上。

それが島国、日本です。

 

「アメリカやイギリスの英語の国に産まれていたらなー。」

 

そしたら英語の学習に悩む必要もないし、

最初からたくさんの人と英語で話せていろいろな文化を知れる。

そう思ったこともあります。

 

でも日本語が英語と全く違う言語で文化だからこそ

ぼくたちは「英語を勉強」しようと思うんじゃないでしょうか?

もし英語がネイティブの言語だったら、

「他の言語を学ぼう」とか「他の国の文化を知ろう」と

思っていなかったかもしれません。

 

「英語が必要な時代だから」

ではなくて、

「自分がなぜ英語を学びたいのか」

その目的を明確にすると、

たくさんの外国人からその国の文化を知ることができるのは

もう目前です。

 

<さっそくe英会話の先生と話してみよう!>

 

E英会話の先生たちは話すのが大好きな先生ばかりです。

日本の文化に興味がある先生がたくさんいます。

 

初級の人は「Do you like Sushi?」

中級の人は「Do you know Abe prime minister?」

上級の人は「What do you think about politics in Philippine? 」

などと会話をしてみてはどうでしょうか??

 

e英会話には、15のコースがあります。

・70人ものの先生のなかから選べます。

・紹介文を見て、先生の特徴や得意なコースを知ることができます。

・先生の紹介ビデオを見て、先生の雰囲気や話し方を知ることができます。

 

好きな先生を予約して、お互いの文化を楽しく共有してみてください^^

表現や単語を学びながら、あっというまに時間が経つと思います。

最新記事

カテゴリー