HOMEマガジン英語学習 > お金をかけずに英語環境を作ってみる6つの方法

お金をかけずに英語環境を作ってみる6つの方法

お金をかけずに英語環境を作ってみる6つの方法

 

 

「英語の勉強をするにはやはり海外に行きたい!!」

「けど、お金の余裕もなければ、海外に行くのは難しい。」

 

日本で仕事をしている方や家庭がある方。

中々海外へ旅行をしたり、

留学をする機会を作ったりするのはむずかしいかと思います。

 

でも、日本で生活しながらも

英語の力を十分に身に付けた人もたくさんいます。

海外で留学したことのある人並みに、

もしくはそれ以上の人も。

 

海外で留学することが必ずしも正解な訳ではありませんし、

その人に合う合わないもあります。

ほとんど日本語だけでも暮らせる国もあります。

 

 

今回は、家の中や自分の生活を英語環境に

できる方法をシェアしたいと思います。

 

では

お金をかけずに英語環境を作ってみる6つの方法

です!

 

 

1 辞書と一緒に過ごす

 

みなさんはどんな辞書を使っているでしょうか?

本のタイプの辞書から電子辞書、アプリ、

もしくは使っていない方もいるかもしれませんね。

 

やはりアプリのものをオススメします。

電車の中やトイレでも

どこでも手軽に使うことができます。

 

また、ありがたいことに、

発音に加えて例文も音声で聞くことができます。

なので、ただ単に調べるためのツールではなく、

リスニングやグラマーなど、

大体の英語学習で必要なことが

学び方次第で学べてしまいます。

ですので、イヤホンも持ち歩くと良いですね。

 

自分が使っているのは、無料のものです。

そして、大切なのは、

「気になったことや疑問に思ったことはすぐ調べる」

という癖を付けることです。

日本で生活しているなら尚更です。

 

中級者以上の方ですと、英英辞書をオススメします。

英語の意味を英語で理解できるようになることは、

英語脳を作るための近道です。

 

 

 

2 付せんと仲良くなる

 

電子レンジにその英単語を貼ることも大事ですが、

少しレベルアップした方法を紹介します。

 

今あなたの自宅が海外にあると意識してみてください。

そして、外国人と一緒に暮らしていると想像してみてください。

「あれ取って」

「電子レンジ先に使っていいかな」

「今日一日どうだった?」

 

会話の想定をして、

例えば電子レンジにその会話を

記入して貼ってみましょう。

想定したこの会話は、

実際に使うことになる可能性がとても高いです。

 

たくさん想定して、

それと関連する身の回りのグッズに

ペタペタ貼っていきましょう。

100円ショップでメモタイプの付せんが買えます。

 

当たり前ですが、日本で作られている製品や食品は全て日本語表記です

 

 

3 お気に入りの洋画ドラマと洋楽を見つける

 

 

こちらもよくある英語学習法ですね。

映画よりドラマの方がシリーズが長いので、

飽きずに楽しめることができると思います。

 

まずは、たくさんある洋画ドラマの中から

お気に入りを見つけることです。

もう既にお気に入りのドラマがある人は、

好きなキャラクターを一人決めてください。

 

あとは、言い回しや話し方をマネすることです。

人気のドラマだったら

英字幕付きで動画があることもあります。

シャドウイングしながらマネすると効果大です。

 

そして、家でのBGMを洋楽にチェンジしてみましょう。

リスニングのCDのように飽きることはないかなと思います。

「あっこの曲知っている!」を増やすだけでも十分です。

それが更に興味を持つきっかけになることは

英語を学習する上でプラスのことだからです。

 

 

4 休日の過ごし方

 

あなたはが外国人の友達の友達がいますか?

いる人は、休日は積極的に外国人と過ごしましょう。

 

いない人も安心して下さい。

今は便利なアプリケーションがあります。

言語交換を目的とするハロートーク(Hello Talk)や

色々なコミュニティを

見つけるミートアップ(Meetup)があります。

また、積極的な人は、外国人が集まるパブに

どんどん行ってみるという方法もあります。

是非チェックしてみてください。

あなたに合ったコミュニティが見つかるはずです。

 

 

5 お風呂で試してみること

 

お風呂でリラックスしながら、

今日の出来事や最近のことを振り返る人も多いかと思います。

それをちょっと変えてみましょう。

 

意識的に頭の中で英語で

自分の今の気持ちを考えてみてください。

そして、一日を簡単にまとめてみてください。

忘れないでください「簡単に」ということを。

 

生まれ育った言語以外で物事を

考えるということは難易度が高いです。

ですので、

「意識的に」「簡単に」ということが大切です。

 

 

6 英語で日記

 

こちらもよくオススメしている英語の学習法の一つですね。

一日の終わりに日記を書いてみましょう。

先ほど紹介したお風呂で一日を振り返ったあとだと、

スラスラ書けますね。

 

こちらも最初は完璧をもとめないで大丈夫です。

続けることが大切です。

また、書いたら読み上げるという癖も同時に付いたらすごく良いです。

やはりアウトプットが不足しがちですので、

自分自身でできるときに行う癖を付けた者勝ちです。

 

 

 

いかがでしたか??

もう実践中のこともあるかもしれませんが、

これは面白いかも!と思ったものがあれば挑戦してみてください。

 

以上

お金をかけずに英語環境を作ってみる6つの方法

でした。

最新記事

カテゴリー