HOMEマガジンビジネス英会話 > こんなに違う?フィリピンの大晦日や元旦の過ごし方!

こんなに違う?フィリピンの大晦日や元旦の過ごし方!

こんなに違う?フィリピンの大晦日や元旦の過ごし方!

 

 

クリスマスが終わり、もう少しで新しい年を迎えますね。

バタバタといつの間にか新年を迎えている。

そんな方もたくさん

いらっしゃるのではないでしょうか??

 

しかし、日本では年を越したら

「のんびりだらだら過ごす」

というイメージですよね。

こたつでみかんを食べながらテレビを見る。

そんな日本ならではの正月ぐらいはゆっくりと、

という風潮があります。

 

海外での年越しにはどんなイメージがありますか??

 

カウントダウンに派手な花火??

家族と過ごす?

 

以前フィリピンのクリスマスについて記事を書きましたが、

今回は大晦日や元旦についてお伝えしたい思います。

 

日本とはどれぐらい違うのでしょうか?

 

それでは

こんなに違う?フィリピンの大晦日や元旦の過ごし方!

です!

 

 

・とにかく音を出す

 

大晦日の日にフィリピンの都心部では

花火が盛大に上がります。

大きな花火を見て眺めて楽しむ・・・。

だけではありません。

 

見て楽しむだけではなく、

自ら音を出さなければなりません!

鍋を叩いたり、お金をじゃらじゃらさせたり、

なんと爆竹まで!!

 

しかし、最近は規制が厳しくなってきているので、

昔ほどうるさくはないそうです。

ただ寝れる状態ではないというのは確かです(笑)

 

 

音を出す理由としては、

「大きな音で悪い運を払うため」ということです。

なるほど!

日本にはない風習なので面白いですね。

 

 

 

・どこで過ごす??

 

日本と一緒で、家族と一緒に自宅で過ごします。

自宅で行う大晦日の宴会のことを

「Media Noche」(メディアノーチェ)と言います。

スペイン語から来ている言葉です。

 

クリスマスのようにレチョン(豚の丸焼き)などの

ご馳走を食べて、ダンスにカラオケにとワイワイ盛り上がります。

家族のみならず、親せきや友人、近所の人ととも宴を行います。

フィリピンならではのオープンな宴会ですよね。

 

 

<縁起物は??>

 

・水玉模様の服を着て過ごす!

 

着るものの風習が特に日本にはないですよね。

フィリピンでは大晦日の日に、水玉の服を着ます。

なぜなら「丸いものは縁起が良く、金運がアップする」

という理由があるそうです。

 

13種類の丸い果物を供えるのも同様の理由です。

リンゴ、オレンジ、マンゴーと丸い果物ってたくさんありますよね。

バナナやパイナップルもオッケーだそうです(笑)

 

・お金をまく!

 

新年になった瞬間に家の方向に、

家の中に向かってお金をまくという風習があります。

家にお金がたくさん入ってきますようにと願うようです。

大人が撒いたお金を子供たちが拾うそうです。

日本のお年玉とはまた違って面白いですよね。

 

 

・してはいけないこと

 

これは日本と少し似ている風習となります。

フィリピンで1つだけ元旦に

してはいけないことがあります。

 

それは「掃除」です。

新しく新年に受けた幸運を

逃がさないあめという理由だそうです。

「大晦日までに大掃除を」

ということで日本と一緒ですよね。

 

 

 

 

・元旦

 

では元旦は何をして過ごすのでしょうか?

聞いてみたところ、

「特になにもない。」

とのことでした(笑)

 

何か特別なものを食べたりもしないそうです。

キリスト教が多いフィリピン。

教会には31日に行くそうで、年明けてからは、

いつものように日曜日に行くそうです。

 

日本とは大きく違う点なので驚きました!

 

 

 

いかがでしたか???

日本と違うところがたくさんありますよね。

 

フィリピン以外の他の国とも比較してみると

驚くことがたくさんありそうです。

 

e英会話の先生は、フィリピン人なので、

色々な文化の違いを学ぶことができるので、

どんんどんいろんな話をしてみましょう!

 

以上

 

最新記事

カテゴリー